確定申告の必要性!

個人事業主などとして仕事をしているのであれば、確定申告をしなくてはなりません。
確定申告は、一年前の1月1日~12月31までに、いくら稼いだのかを計算し、税金をいくら収めるのかを決めるために必要となるのです。
この確定申告、2月16日~3月15日まで行われています。
確定申告をすることによって、翌年度に、国民健康保険や住民税をいくら支払うのかが決まることになります。
確定申告は1年間の収入を計算していかなくてはならないですから、とても面倒です。
その確定申告の計算をミスしてしまっていたり、確定申告をしなかったらどのようになるのか知りたいと思っている人もいるでしょう。
一度でも確定申告をしたことがあるのであれば、準備がとても面倒なので避けられるものであれば避けたいと思うのではないでしょうか?
私も確定申告を初めて行う時に、申告書を作ったのですが、こちらが正直に言わなかったら、税務署にばれることもないのではないかと考えたことがあります。
少しの期間くらいであれば確定申告を誤魔化しても、どうにか誤魔化させるかもしれないですが、もしも内容と事実が違っていたら、これは違法です。
あとで、追加分を請求されることになりますし、利息まで発生してしまうことになり、結果としてより多くのお金を支払わなくてはならなくなってしまいます。
納税というのは国民の義務ですから、ちゃんと確定申告をしなくてはならないのです。
毎年気が滅入ってしまいますが、ちゃんと確定申告を行うようにして、やましいことはしないようにしましょう。

確定申告はどんな時に必要?

確定申告でも色々な条件があります。
会社員として働いている人でも2000万円以上の年収になっているのであれば、確定申告をしなくてはならないですし、自営業やフリーランスの仕事をしている人も確定申告をしなくてはなりません。
また、医療費の還付の条件を満たしている場合も確定申告をしなくてはなりません。
基本控除である38万円以下になっているのであれば、個人で確定申告をしなくてもいいのですが、住民税や国民健康保険の納税額にも影響を与えていますから、
国民健康保険などを支払っているのであれば、確定申告をしておくべきかと思います。
最近はインターネット上などで、在宅ワークなどの仕事の案件も増えてきているのですが、在宅ワークの場合でも個人所得が年間に38万円以上になっているのであれば確定申告をしておかなくてはなりません。
案件サイトを見てみると、マイデザイン・クリエイトやランサーズの場合は、源泉徴収が行われていないですから、支払われた金額全てが所得として計算されることになります。
では、ストックフォトサイトを利用している場合は確定申告をしなくてはならないのでしょうか?
ストックフォトサイトを利用して、副収入を得ている場合も、所得となるわけですから、確定申告をしなくてはなりません。
FOTOLIAやフォトライブラリーは、表示されている金額全額が所得となるのですが、PIXTAは源泉徴収が行われています。
支払い調書やマイページにありますから、支払い調書を印刷して、確定申告で提出をすれば還付してもらえると言う事もあります。